PhpSmooth

美味しく頂けるように工夫を施す料理

私達が生きていく上で欠かす事の出来ないものの一つとして「食」が挙げられます。

食べものから様々な栄養が取り入れられる事によって、私達は健康的な体を保つことが出来ているのです。

食べ物には、野菜、肉類、貝類、麺類、果物など様々な種類の食材があります。

美味しく頂けるように工夫を施す料理

そのままでも美味しく食する事の出来る食材がたくさんありますが、これらの食材に一手間を加え更に美味しく頂けるようにと工夫を施す工程の事を「料理」と言います。

もう少し分かりやすく説明しますと、食材や食品などに手を加え食べやすい状態に加工する事、または加工を施す事によって出来たモノの事を言います。

「料理」は古い時代から人々が人間特有の知恵を絞って生きていく為の要因として取り入れられてきたものであり、現在でも私達の生活に欠かす事の出来ないものとなっています。

地域や人種、民族などによって、それぞれ食するものや食し方、調理法などは異なりますが、人類の歴史に料理は欠かす事の出来ない存在であるという事は、全世界すべていおいて共通する事実であります。

日本で古い時代から取り入れられている料理は、「日本料理」や「和食」などといった名称で呼ばれており、現在でも日本を代表する料理として多くの方々に親しまれています。

現在では世界を通して数えきれないほどの料理の種類が存在しており、多くの方々が料理によって楽しさや感動を味わう事が出来るようになってきました。

それでも、まだまだ料理の追及に余念はなく多くの料理人の方々が新たな料理の誕生に力を注いでいます。

本来、料理を行うようになった目的としてはいくつかの事が挙げられています。

ほとんどの料理には火を通す工程が行われていますが、食材に火を通す事によって食材に付着している寄生虫や微生物を殺菌し、食中毒などを防ぐ役割を果たしています。

また食材に火を通す事によって、生の状態の食材よりも長期間の保存が可能となります。

その他にも食材をカットするという工程がありますが、食材をカットする事によって食べる事のできる部分と食べる事のできない部分に分別する事ができます。

また、同じ食材を使用しても料理を行う工程が異なれば、様々な味覚や食感を味わう事ができます。

例えば、同じ食材でも炒め、揚げ、蒸しなど様々な料理の工程を施せば、一つの食材で何通りもの楽しみ方が可能となります。

このように料理とは、古い時代から様々な工夫が積み重ねられ現在に至っているのです。

美味しい料理を食する事が当たり前となり、感謝の気持ちを忘れがちになっている現代ですが、世界中にはまだまだ飢えで苦しんでいる人達が数多く存在しているのです。

食べるものに困る事のない地域に生を受けた方はその事に感謝しまた、料理という文化を築き上げてきたご先祖様にも感謝の気持ちを忘れずに料理や食を大切にしていきたいですね。