PhpSmooth

想像すると少々残酷のような気もします

日本全国の地域に受け継がれている郷土料理を、北海道地方・東北地方・関東地方に、引き続きご紹介したいと思います。

続いては中部地方・近畿地方の郷土料理をご紹介します。

新潟県では「くじら汁」や「くじら鍋」、「しょっから煮」、「へぎそば」、富山県では「かぶら寿司」や「げんげ汁」、「鱒寿司」、石川県では「柿の葉寿司」や「甘海老の具足煮」、「いとこ汁」、福井県では「越前おろしそば」や「鯖寿司」、「殿様料理」、「ぼっかけ汁」、山梨県では「甲府鳥もつ煮」や「ほうとう」、「鮑の煮貝」、「猪鍋」、長野県では「ざざむしの佃煮」や「おやき」、「鯉こく」、「信州そば」、岐阜県では「朴葉寿司」や「いももち」、「ぼたん鍋」、静岡県では、「田子寿司」や「静岡おでん」、「イルカ料理」、「孫茶」、愛知県では「ひつまぶし」や「きしめん」、「味噌煮込みうどん」、「ニシ汁」などの郷土料理があります。

中部地方で特に珍しいと思われる郷土料理は、新潟県の「くじら汁」や「くじら鍋」ではないでしょうか。

日本全国では、一般的にくじらを食べるという習慣がなく、くじらは水族館で見る生き物と認識している方が多いかと思われます。

ですが、一度は食べてみたいという好奇心はあります。

その他にも長野県の「鯉こく」という鯉を信州味噌で煮込んだ郷土料理がありますが、鯉も一般的には食べると言うよりも、観賞用の魚として認識をしている方が多とおもいますので、目の前に出されると一見びっくりしてしまう料理だと思います。

続いて近畿地方の郷土料理をご紹介します。

三重県では「手こね寿司」や「伊勢うどん」、「ボラ雑炊」、「真珠漬け」、「火場焼」、滋賀県では「鮒寿司」や「鴨鍋」、「泥亀汁」、「おこうこのじゃこ煮」、京都府では「すぐき」や「千枚漬け」、「ぶぶ漬け」、「おばんざい」、大阪府では「バッテラ」や「てっさ」、「てっちり」、「くずし汁」、「じゃこのぐう飯」、兵庫県では「出石そば」や「穴子の八幡巻き」、「ぼっかけ」、奈良県では、「奈良漬け」や「飛鳥汁」、「柿の葉寿司」、和歌山県では「めはり寿司」や「じゃこ寿司」、「はりはり鍋」などの郷土料理があります。

近畿地方の中で、特に印象的な郷土料理は三重県の「火場焼」という生きたままの魚介類を、そのまま網の上で焼くバーベキュだそうです。

生きたままの魚介類をそのまま焼く事から、別名「いやいや焼き」や「地獄焼き」、「残酷焼き」とも呼ばれているそうです。

想像すると少々残酷のような気もしますが、味は間違いなく美味しいでしょうね。

中部地方・近畿地方の郷土料理もその土地で取れた野菜やお肉、魚介類などがふんだんに活かされており、とても魅力的なものばかりです。

旅行で訪れた際には、是非その土地の郷土料理を食べてみたいですね。