PhpSmooth

その地域で生産された特産品

日本全国には、その地域で古くから受け継がれている伝統料理や、その地域で生産された食材や特産品などを活かして作られた料理などが数多く存在しています。

このような料理の事を「郷土料理」と呼び、現在でも地元の方々に愛され守られています。

郷土料理は各家庭によっても味が異なっており、その家庭の味がまさに「おふくろの味」になっていると言ってもようでしょう。

たまに思い出しては食べたくなる郷土料理ですが、今回はその日本全国に存在している郷土料理をご紹介したいと思います。

先ずは北海道地方からご紹介します。

北海道には、ジンギスカンや石狩鍋などの郷土料理があります。

ジンギスカンとは、ジンギスカン鍋という特性の鍋で羊の肉を焼いて食べる焼肉料理の事です。

石狩鍋とは、昆布で取った出汁とお味噌の汁を基本に鮭や豆腐、キャベツ、大根、玉ねぎなどの野菜を煮込んだ料理の事を言います。

東北地方では青森で「いちご煮」や「せんべい汁」、秋田県ではあの有名な「きりたんぽ」、岩手県ではテレビなどでよく拝見する「わんこそば」や「盛岡冷麺」、宮城県では何と言っても「仙台牛タン」が有名なのですが、仙台牛タンは郷土料理ではなく、ご当地グルメとして分類されているようです。

山形県では「芋煮」や「ずんだ餅」、福島県では「貝焼き」や「紅葉漬け」、「いかにんじん」などの郷土料理があります。

東北地方の郷土料理の中で、時に珍しいと思われる郷土料理は、青森県の「いちご煮」ではないでしょうか。

「いちご煮」という名前から果物のイチゴを想像してしまいますが、果物のイチゴとは全く関係なく、実はウニとアワビが具材に使用された何とも贅沢なお吸い物の事なのです。

味は絶対においしいでしょうね。

続いて、関東地方の郷土料理をご紹介したいと思います。

茨城県といえば「納豆」がとても有名ですが、これは郷土料理と分類されるかはわかりません。

その他には「あんこう鍋」や「どぶ汁」、「けんちんそば」などが挙げられます。

栃木県では「いとこ汁」や「はっと汁」、「ちたけそば」、群馬県では「つみっこ」や「おっきりこみ」、埼玉県では「加須うどん」や「つとっこ」、「冷や汁うどん」、千葉県では「はかりめ丼」や「ゆでピーナッツ」、「なめろう」、東京都では「江戸前寿司」、「ねぎま鍋」、「どぜう鍋」、「柳川鍋」、神奈川県では「かんこ焼き」や「猪鍋」などの郷土料理があります。

東京の郷土料理「ねぎま鍋」とは、江戸時代から伝わる伝統料理でネギとマグロ(トロ)を醤油やお酒、出汁で煮た料理です。

江戸時代はトロの部分を食べる習慣がなく廃棄されていたそうですが、廃棄するのは勿体ないと考えられて作られた料理が「ねぎま鍋」で江戸時代に庶民の料理として親しまれていたそうです。

現在では、トロはマグロの部位の中でも最も美味しい部位とされ、高級品とされています。

そのため「ねぎま鍋」も庶民の料理から高級料理となってしまいました。

ですが、江戸時代に誕生した料理が現在の平成の時代になっても、頂く事が出来ると言う事は、とても素晴らしい事だと思います。

「ねぎま鍋」に限らず、全国の地域で伝えられてきた郷土料理は、これからもずっと後世へと伝えられるように繋げていきたいものですね。