PhpSmooth

栄養バランスの摂れた調理を行う

人が生きていく為には「衣」「食」「住」が必要とされています。

その中でも特に「食」は必要不可欠で、人は食する事で生命を保ち、また健康的な体を保つことが出来るのです。

それだけ「食」とは重要なものなのです。

私達は毎日、朝、昼、晩と一日に3回は食事を摂ります。

と言う事は、一般的に最低でも一日に3回は料理を行うと言う事になります。

今は便利な世の中になっていますので、基本的に料理を行わなくてもスーパーの総菜や、デリバリーなどで簡単に食べ物を手に入れる事が出来ます。

ですが、やはり健康面などの事を考えますと、きちんと栄養バランスの摂れた食事を行う事が大切になります。

そうなりますと、ご自身で料理を行う事が一番良いのではないでしょうか。

料理をした事のない方は、料理がとても難しいと勘違いをしている方が多いと思われますが、料理は決して難しいものではありません。

料理の基礎知識さえ心得ていれば、誰でも美味しい料理を作る事が出来るのです。

料理には、焼く、炒める、蒸す、煮る、茹でる、揚げるなどの様々な調理方法がありますが、これらの調理法を上手く使いこなす事ができれば一つの食材でも数多くの料理が作れるようになれます。

基本的に焼くという調理方法は、下ごしらえをした食材をフライパンやオーブンなどで焼くだけという何ともシンプルな調理法です。

味付けは個々の好みによって様々ですが塩、コショウが基本的な味付けで、それにプラスお好みの調味料を加えるといった感じです。

炒めるという調理方法は、野菜やお肉、魚介類などをフライパンで素早く加熱するという方法です。

お肉や魚介類などを炒める際には、あらかじめ食材に味付けを行っていた方が味がなじんで美味しく仕上がります。

蒸すという調理方法は、野菜やお肉、魚介類、その他の食品を蒸気で加熱するという方法です。

蒸し器という蒸す専用のお鍋がありそれを使用して調理しますが、蒸し器が無くても深めのフライパンがあればそれで代用できます。

煮ると言う調理方法は、野菜やお肉、魚介類などを水+調味料(煮汁)で加熱する方法です。

茹でるという調理方法は、野菜やお肉、魚介類、卵、パスタなどの様々な食材を、沸騰したお湯で加熱する方法です。

茹でるという工程には、料理の下ごしらえで用いられる場合も多いです。

下ごしらえで茹でる工程を行うと、食材のあくや臭みを抜いてくれる効果があります。

また野菜などは茹でる事によって色鮮やかになります。

揚げるという調理方法は、高温に温めた多めの油で食材を加熱する方法です。

揚げの調理には、食材になにも付けないで揚げる「素揚げ」と食材に片栗粉や小麦粉を付けて揚げる「唐揚げ」、食材に小麦粉、卵、パン粉または天ぷら粉などを付けて揚げる「衣揚げ」などの種類があります。

このように調理方法には様々な方法があり、これらの調理方法を知っておく事によってたくさんの料理が作れるようになります。

料理のレパートリーが増えれば、料理を作るのも楽しくなります。料理は毎日行う事ですので、楽しみながら美味しい料理を作りたいですね。